冷え性が高血圧を招くことも!

冷え性が高血圧を招くことも!

冷え性が高血圧を招くことも!

高血圧は遺伝性もありますが、主に生活習慣に原因があります。
有名なのが、「塩分の摂り過ぎ」です。塩分、ナトリウムが増え過ぎるとことで血圧が上がってしまいます。
塩辛いものや味が濃い食事を好む人は高血圧になりやすい状態です。

 

ですが、食生活で思い当たる節が無いのに高血圧になっている人もいます。
もし、血圧が高めと診断されたにもかかわらず、生活習慣で原因要素が分からないときには、冷え性が関係しているかもしれません。
冷え性の人は血液循環が悪い状態なので、そこから高血圧を誘発してしまいます。
逆に、高血圧が冷え性の原因になることもあります。

 

どちらの場合でも冷え性と高血圧を併発しているときは生活習慣を整えて、水分補給と適度な運動が必要不可欠です。
水分は血液に必要で、ドロドロ血液にならないためにも欠かせません。適度な運動を行うと血液循環も良くなり、冷え性と高血圧の両方の解決の糸口になります。

 

適度な運動をしたあとに水分補給を十分にすると、血行が良くなってどちらものトラブルを改善していくことができます。
また、寝る前に温かい飲み物を摂っておくと、翌朝の血圧上昇を防ぐことができます。
普段の飲み物も冷たいものより常温や温かいものにした方が冷え性対策に良い水分の摂り方です。

 

高血圧も糖尿病などと同じように、他の病気につながることもあります。
早めに生活習慣を見直して、必要なサプリメントなどを活用しながら対策していきましょう。